愛知県のスポーツ再開支援PROJECT
instagram facebook twitter youtube
menu
page top

Bリーグ 名古屋ダイヤモンドドルフィンズの感染防止対策をレポートしました

ドルフィンズアリーナで行われたBリーグ開幕戦
新しい応援スタイルと熱戦の模様を紹介!

 いよいよ熱戦の火蓋が切られたBリーグ 2020-21シーズン。秋晴れとなった10月3日(土)に、新シーズンの開幕戦となる名古屋ダイヤモンドドルフィンズとレバンガ北海道の試合がドルフィンズアリーナで行われた。新型コロナウイルス感染防止対策として、観戦チケットは収容人数の約50%分のみ販売、主催者発表の入場者数は2,178人。その多くが、この日を待ち望んだドルフィンズファン達であった。
 アリーナ入り口に並ぶ人たちは、もちろんみんなマスク姿。しっかりとソーシャルディスタンスが保たれ、大声で話す人もいない。誰もがはやる気持ちをぐっと抑えつつ、新型コロナウイルス感染防止対策を意識しているようだ。また、会場前の広場に出店したドルフィンズのオフィシャルグッズを販売するブースやキッチンカーでも、スタッフ全員が感染対策をきちんと行って接客にあたっていた。
 この試合は、「Bリーグ新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」に従って行われた。まず入場の際には、来場者の検温や手指の消毒を徹底。また、会場内の座席は前後左右が1席ずつ空くように配置され、観客の導線も密を避けるように配慮がなされている。応援方法も、ガイドラインに基づき変化。ドルフィンズの公式HPからオリジナル応援ボードをダウンロードし、選手へのメッセージを書いて掲げながら応援するなど、新しい観戦スタイルとなった。

ドルフィンズのホームアリーナ「ドルフィンズアリーナ」。この日は開幕戦にふさわしい好天に恵まれた。
開場を待つ人達はソーシャルディスタンスをキープしながら並ぶ。入場する際もグループ分けを行って徐々に入場。
ファンクラブのVIPメンバー専用の入り口でもしっかりと検温は行われていた。
先進のサーモカメラ検温機器も導入。カメラの前に立つだけで体温が表示される。
入場の際はアルコールで手指消毒を行う。その場合もソーシャルディスタンスは保たれている。
大相撲名古屋場所も行われるドルフィンズアリーナ。木彫りの力士もマスク姿でお出迎え。

 いよいよ待ちに待った試合が始まると、ドルフィンズは序盤から優勢に立つ。新加入の齋藤拓実選手がレバンガのディフェンスをかいくぐってシュートを決めると、その後も勢いにのって次々とドルフィンズのシュートが炸裂。ジェフ・エアーズ選手の華麗なダンクシュートには、観客席からは声を出して応援できない代わりに、大きな拍手が起こった。試合はドルフィンズの圧倒的なリードのまま前半が終了。ハーフタイムではホームゲームの楽曲監修を行っているAK-69の曲に合わせてファンが応援ボードを掲げて、会場は真っ赤に揺れながらさらにヒートアップ。
 後半も安藤周人選手や笹山貴哉選手が3ポイントシュートを決めるたびに大きな拍手が湧いた。試合は89-54でドルフィンズが快勝。選手達は開幕戦での勝利を喜びつつ、笑顔で観客席に向かって手を振る。感染防止対策を徹底した新しい観戦スタイルでも、ファンは以前と変わらず十分に試合を楽しめたようだった。

試合前の選手のウォーミングアップ。こうした練習の姿が見られるのも生で観戦する醍醐味だ。
軽快な音楽で試合を盛り上げるDJも、感染防止対策はしっかりと行っている様子が伺える。
ドルフィンズのクラブマスコット「ディー・ディー」もマスク姿で登場。愛嬌のあるパフォーマンスを披露した。
ドルフィンズのチア「ダイヤモンドルージュ」による艶やかなパフォーマンス。
音楽に合わせて続々と選手達が入場。声援の代わりに、割れんばかりの拍手で迎えられた。
お気に入りの選手へのメッセージや似顔絵を応援ボードに書いて掲げながら応援。声援がなくても、その思いは選手一人ひとりに伝わっている。
高いジャンプボールを合図にいよいよ試合開始!会場からは大きな拍手が湧く。
相手のディフェンスを巧みに交わし、高速ドリブルでゴール下へと攻め込む安藤選手。
今回の試合で最優秀選手に選ばれた齋藤選手。ドルフィンズ期待のポイントガードだ。
シュートが決まるたびに、応援ボードやペンライトを掲げて喜びを表すファンの様子。
大差をつけて勝利を収めたドルフィンズに、会場は拍手の嵐。今シーズンの好成績を予感させる熱戦だった。
熱戦が終わり、静けさを取り戻したアリーナ内。この興奮と安心・安全な試合がシーズン終了まで続くことを願いたい。

 「DO, RED. TOGETHER WE WIN」。今シーズンのドルフィンズの合言葉のように、新しい観戦スタイルのもとで選手とファンが一体となって勝利を手にした一戦。梶山信吾ヘッドコーチは試合後に、「こんな状況の時でも、会場にお越しいただいてありがとうございました」とファンに向けて感謝の言葉を伝えた。どんな状況でもチームとファンの絆は揺るぐことはない。この先の試合も感染防止対策をしっかりと行いながら、勝利を手にしていくことを期待したい。