愛知県のスポーツ再開支援PROJECT
instagram facebook twitter youtube
menu
page top

Vリーグ デンソーエアリービーズの感染防止対策をレポートしました

十分な感染防止対策のもと西尾市総合体育館で行われた
デンソーエアリービーズのホームゲームの様子をレポート

 10月17日(土)に開幕したV1リーグ女子2020-21シーズン。今シーズンはファンや選手、関係者の安全を最優先に考え、新型コロナウイルス感染防止対策として複数の試合が「リモートマッチ(無観客試合)」で行われるほか、入場者数を50%に制限する「リモート50」を運用。観客席はすべて指定席となり、前後左右を1席ずつ空けた市松模様型の配置とした。また、Vリーグの観戦ガイドに基づく新しい応援スタイルが周知され、飛沫・接触感染を防ぐための様々な施策も講じられている。
 11月14日(土)に西尾市総合体育館で行われたデンソーエアリービーズ対東レアローズの一戦。観戦に訪れた人々が並ぶ会場の入り口には、1.5mのソーシャルディスタンスを促すサインが設置されていた。入場の際は、検温と手指の消毒を行ってからチケットを提出する流れだ。またチケットの確認方法は、スマートフォンの画面で電子チケットが確認できる「Vアプリ」の使用や、紙チケットの場合は観客自身がもぎり役をすることで、スタッフとの接触を極力避ける方法で行われていた。オフィシャルグッズを販売するブースでは、入場と同様にフットスタンプによって1組ずつ売場に案内するほか、金銭の授受をトレー上で行うなど、ここでもしっかりと感染対策が行われていた。

風にたなびくエアリービーズののぼり。苦難の時を越えて、再びホームで試合が行われるこの日を青空も祝福。
入場口や階段には飛沫感染対策のために、行列で並ぶ位置を促すサインを1.5mおきに貼り付けている。
非接触型検温計を使用して、検温スタッフがひとりずつ体温のチェックを行っていく。
入場前の消毒は接触感染を避けるため、専任スタッフによって個々に行われる。
オフィシャルグッズの販売所でもソーシャルディスタンスが保たれ、感染防止対策がとられていた。
Vアプリのチケットは、スタッフにチケット画面を見せることで、接触を最小限にしたスムーズな入場が可能だ。
観客がスタッフにチケットを渡して切り離してもらう、従来のもぎりのシステムを変え、観客自身でもぎりを行い、箱に入れていく。
座席は全席指定で、前後左右を1席ずつ空けた市松模様だ。「前方が見やすく、応援がしやすい」という声も。

 会場内は観客の声援の代わりに、DJによる本格的な音響で賑やかだ。50種類もの効果音と楽曲を組み合わせながら、ライブ感たっぷりに盛り上げていく。今シーズンは声を出しての応援やチアスティック、メガホン、タオルマフラーの使用が禁止されているため、観客一人ひとりに配られる「応援ハリセン」が大活躍だ。ハリセンを叩いて応援するのはもちろん、広げて応援ボードとしても利用できる。
 この日の対戦相手は6連勝中で勢いに乗っている東レアローズ。試合序盤はエアリービーズの大型サイドアタッカー、プラマー キャサリン選手が198㎝の長身から繰り出す鋭いアタックを繰り出し、会場を沸かせる。しかし強敵東レアローズ相手に、エアリービーズは19-25、23-25と2セットを先取される。ここから持ち前の粘り強さを発揮すると、連続得点を決めた工藤嶺選手の活躍などにより、3セット目を25-16で奪取。続いて、手に汗握る長いラリーの展開を制して4セット目を25-21で奪い、試合はフルセットにもつれ込む。観客席は緊張感と熱気に包まれた。

ウォーミングアップを始める選手達の姿に、いよいよ始まる一戦に向けて会場のボルテージもアップ!
円陣を組んで肘タッチを行うエアリービーズの選手達。いざ、地元初戦の勝利に向けて試合開始!
本格的な機器を用いた音響ブース。試合進行に合わせて、最適な効果音や音楽を組み合わせて会場を盛り上げる。
厚手のボール紙に折り目が付けられた応援ハリセン。表面には公式マスコット「ぶんぶん」を、裏面はチームカラーの赤をプリント。
タイムアウト時は応援ハリセンを広げ、音楽に合わせてモーションを実施。赤い波が客席で揺れる。
大きな応援幕や応援旗の持ち込みはできないが、小さな応援うちわを自作するなど、工夫を凝らして熱い思いを伝えるファンの姿も。
セットの合間にスタッフが館内の窓やドアを素早く開放して換気を実施。密閉空間にならないよう万全を期す。
控えの選手やチームスタッフはマスクを着用。選手達自らが振り付けをした応援ダンスにも注目だ。今後もバリエーションが増える予定だ。
田代佳奈美選手と奥村麻依選手の2枚ブロックで相手選手のアタックをブロック!
連続得点を決めるなど、この日活躍が目立った工藤嶺選手。
エアリービーズ次世代のエースとして期待を集めている3年目の東谷玲衣奈選手も得点をマーク。
フルセットにまでもつれ込んだ試合は、最後まで目が離せない展開に。

 緊迫した雰囲気の中でスタートした最終セット。一時は8-13まで点差を広げられたエアリービーズは、13-13のイーブンまで巻き返すものの、13-15で惜しくも敗れた。しかし、マスク越しのファンの表情は、迫力のある試合を満喫した爽快感で明るかった。新しい観戦スタイルのもとでの、初めてのホームゲームに、「今シーズンの観戦は無理だろうと諦めていたので、この場に来られただけでも嬉しい」「感染対策が徹底されていて、安心して観戦できた」「ファン同士の体の距離は離れているけれど、気持ちは密になった気がする」と、観戦に訪れたファン達は満足げな様子だった。

惜しくも敗れたエアリービーズだが、その素晴らしいプレーに観客席からは惜しみない拍手が沸き起こる。
最後まで試合を見届けてくれた観客に向かって感謝のお辞儀。翌日同会場で行われた試合では、見事に勝利を飾った。